エンタメ情報ネット

エンタメ情報ネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


横浜ベイスターズの村田修一、ピッチャーに苦言

横浜ベイスターズの村田修一「打者は毎度毎度は打てない。まず先発が試合をつくってくれないと。攻められたまま打席に入るのはつらい」

「(先に大量点を取られて)攻撃のしようがない。2ストライクからフォークを真ん中に投げたり…。(相手に)攻められて攻められてでは、打者もつらいですよ」と苦言。



一方この試合では9回2死二、三塁で凡退したことについて「相手(藤川)もクローザー。あそこで打てれば一番いいが、そう簡単には打てない」



村田修一選手は元々からお山の大将とも言われましたが、性格的にはどちらかと言えば自分の非の部分は見ずに、他の人の欠点は指摘してしまうタイプですかね。



ピッチャーも2点以内に抑えていても得点の援護がない時もありますし、持ちつ持たれつのところもあるので、一般的には点を取られすぎだとはあまり口にしないのかなというところはありますので、このコメントは今後プラスになるかマイナスになるかは微妙でしょうかね。



ピッチャーは味方が1点しか得点してくれなかった場合でも0点に抑えていれば勝てたと言い野手のことは責めませんし、野手も失点してもそれ以上の点を取ってカバーしないといけないという風に言うのはよく聞きます。



去年までは全力疾走はせずに試合中にロッカーへ下がることもあったと言われていますが、今年になってからは移籍した中村紀洋選手には「全力疾走できますか?まずは全力疾走をしてもらいましょう。全力疾走できる状態で合流してもらえたら。(全力疾走は)チーム方針なので」とも注文しているので、気持ちの切り替えが早いと言えるかもしれませんが。


ピッチャーも身が引き締まるのか、それとも微妙な感情になるのか。


初のクライマックスシリーズ進出は実現できるかどうか!?

22:29 | トラックバック:0 | 野球 |TOP


弟ダルビッシュ翔はマネジメント会社で働いていた、キャンプ地訪問も

日本ハムファイターズのダルビッシュ有選手の弟ダルビッシュ翔が逮捕されましたが、数年前までダルビッシュ有選手のマネジメント事務所の社員として勤務していたそうですが、最近は格闘技の相手を募集したり、かなり体格が大きくなっていかつい雰囲気がありました。



体格はもちろんのこと、顔つきも3年であどけなさがなくなり、シャープだった顔も丸みを帯び、格闘技風な戦う人間の顔となっていました。

今年の春のキャンプにも日本ハムファイターズのキャンプ地を訪れていたのだとか。

フライデーによると自分でも言動にはおかしさを感じながら、相手の女性の子供にも手を出すようなことを言ったことで、女性も被害届けを出すことを決めたのだとか。



今のダルビッシュ有選手を見ていると、野球の研究にはかなり熱心、勉強家、実力はありながらも、天性だけに頼らず技も磨ける謙虚なところがある、子供思いなところもあるなどしっかりした印象もありますが、それでも高校まではずば抜けた実力の持ち主ということで甘やかされていた部分もあるのだそう。

入団直後には謹慎処分にもなりましたからね。

父親がアメリカ生活も経験しているためか、先輩後輩の上下関係はあまり気にかけないところもあり、学生時代にはテレビのインタビューでもプロ野球選手のことを呼び捨てにはしていました。



育つ環境も違ったりやはり日本の生活に馴染めない部分もあったのか?

ダルビッシュ翔は地元の暴走族グループに入り、皆で撮った写真などはネットに出ていますね。


21:55 | トラックバック:0 | 野球 |TOP




< < 前のページ | TOPページへ戻る|

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。