エンタメ情報ネット

エンタメ情報ネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


村田 英雄(むらた ひでお)と糖尿病、長年にわたり闘病を続ける

芸能人は食生活が豪華、派手ということで糖尿病を抱えている方も少なくはないと言われていますが、村田 英雄(むらた ひでお)さんは重い糖尿病でした。

35歳で糖尿病を発症。

1973年には糖尿病のために活動休止になったことも。

1995年に合併症を発症し急性心筋梗塞、欝血性心不全で意識不明にまでなる。

白内障手術のため入院していた最中に倒れ心臓バイパス手術を受ける。

右下肢閉塞性動脈硬化症で壊疽状態で右足の膝から下を失う。

2000年には左足も失う。

2002年には合併症による肺炎のために死去。

1989年を最後にNHK紅白歌合戦には27回出場するなど一時の紅白常連歌手になっていた。


「オレが村田だ」の村田 英雄さんという印象でしたが、亡くなる数年は糖尿病の病状はどれほどなのか?に関心が向けられるほど糖尿病の中でも重い状態でしたね。ランキング





野菜嫌いで野菜はあまり食べずに肉をメインにした肉食の食事に豪酒でよくお酒を飲んでいたのだそうです。

今では糖尿病患者も多く、糖尿病予防の認知度も上がり、医師の食事指導などが行われますが、やはり1970年代で糖尿病というのは珍しい方ではあったのかもしれませんね。

食の供給や食事スタイルを考えると、それほど糖尿病患者もおらずにまだ医療もそんなには盛んでもなかったのか。

今の芸能界では糖尿病でもインスリン注射を打ちながらそこそこ普通に生活している方は多いですしね。



今でも体型は痩せているのに糖尿病という方も多いですし、食事制限では栄養が足りないのではないかというほど量も減るので、糖尿病になる前から食事の量は減らしておいた方ガ良さそうではありますね。



09:37 | トラックバック:0 | エンタメ関連 |TOP



トラックバックURLは http://baseballsoft.blog85.fc2.com/tb.php/156-d8a21722

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。