エンタメ情報ネット

エンタメ情報ネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


横浜ベイスターズの村田修一、ピッチャーに苦言

横浜ベイスターズの村田修一「打者は毎度毎度は打てない。まず先発が試合をつくってくれないと。攻められたまま打席に入るのはつらい」

「(先に大量点を取られて)攻撃のしようがない。2ストライクからフォークを真ん中に投げたり…。(相手に)攻められて攻められてでは、打者もつらいですよ」と苦言。



一方この試合では9回2死二、三塁で凡退したことについて「相手(藤川)もクローザー。あそこで打てれば一番いいが、そう簡単には打てない」



村田修一選手は元々からお山の大将とも言われましたが、性格的にはどちらかと言えば自分の非の部分は見ずに、他の人の欠点は指摘してしまうタイプですかね。



ピッチャーも2点以内に抑えていても得点の援護がない時もありますし、持ちつ持たれつのところもあるので、一般的には点を取られすぎだとはあまり口にしないのかなというところはありますので、このコメントは今後プラスになるかマイナスになるかは微妙でしょうかね。



ピッチャーは味方が1点しか得点してくれなかった場合でも0点に抑えていれば勝てたと言い野手のことは責めませんし、野手も失点してもそれ以上の点を取ってカバーしないといけないという風に言うのはよく聞きます。



去年までは全力疾走はせずに試合中にロッカーへ下がることもあったと言われていますが、今年になってからは移籍した中村紀洋選手には「全力疾走できますか?まずは全力疾走をしてもらいましょう。全力疾走できる状態で合流してもらえたら。(全力疾走は)チーム方針なので」とも注文しているので、気持ちの切り替えが早いと言えるかもしれませんが。


ピッチャーも身が引き締まるのか、それとも微妙な感情になるのか。


初のクライマックスシリーズ進出は実現できるかどうか!?

22:29 | トラックバック:0 | 野球 |TOP



トラックバックURLは http://baseballsoft.blog85.fc2.com/tb.php/162-8057f417

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。