エンタメ情報ネット

エンタメ情報ネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


やくみつるがかつらや自身の髪の毛について語る

漫画家、コメンテーターである文化人・やくみつるが自身の髪の毛について語った。サイゾー参考


やくみつるは帽子を脱いだとか、髪の毛が金髪から黒髪へ変わり、ふさふさになっていると思っていましたが。


「(髪を)ちょっと盛ってみたんですよ」『クイズタイムショック』(テレビ朝日系)、

「編みこみ式増毛を始めた」「まんがタイムオリジナル」(芳文社)



元日本相撲協会外部委員のためか着帽が許されない力士の断髪式の時だけ帽子をとるということが面倒になったのだそう。


「スヴェンソン」の編みこみ式を使用しているそうで、月に一度のメンテナンス以外はつけっぱなしであり、本当の髪の毛のような自分の体の一部になった感覚があり、



さまぁーず主演の映画『かずら』で芦名星さんが恋人の頭髪の薄い相手に向かって「気にしなくていいのに。被ってても被ってなくてもあなたが好きよ」という言葉で頭髪を変えてみようと思ったのだそう。



以前はベレー帽などを被り頭頂部は見えませんでしたが、時々帽子はかぶらず、そのままの髪の毛で出ていましたが、おじぎをした時など頭を下げた時には頭頂部の薄さというのは少し目立っていて、やくみつるは思った以上に薄いと思っていましたが。



やはり人と言うのは疑惑とか、ギャップに敏感に反応するので、メイクとノーメイクの差とか、違いがあると話題になってしまうものなので、ハゲていると言われるならハゲているで、かつらならかつらとした方が精神的にも楽かもしれませんね。



13:13 | トラックバック:0 | エンタメ関連 |TOP



トラックバックURLは http://baseballsoft.blog85.fc2.com/tb.php/186-bc6b744f

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。